コラム


これこそ、現場の底力!

「日本はどこに行っても清潔だ」と一般的によく言われます。旅行者の投稿サイトなどを見ると、確かにホテルや公共交通機関など、海外からも高い評価を受けているようです。清潔に対する感度が高い国民性?なのかもしれません。休日の地下鉄、人もまばらなホームの転落防止柵を、布で丁寧にふいている清掃係の方を見かけて思わず足を止めました。いつも通っている空港内の通路わきに小さな花壇があります。てっきり造花だと思っていたら、あるとき係の方が季節の花を植替えている光景を目にしました。ゴールデンウィーク。高速道路の磨き上げられた洗面所に、菖蒲の花と折り紙で作った兜が飾られていました。季節ごとの花がさりげなく飾られ、時には「お気をつけて」のメッセージも。利用する人のことを思いながら、場を整える。茶道裏千家 第十五代・前家元の千玄室大宗匠は著書の中で「裏方仕事をこなしてこそ、表舞台に立つことができます」と、茶道における水屋の仕事に例えておられます。このような心構えはどこに由来するのだろう?? 確かなことは海外からのうれしい評価は、このような現場の底力にこそ、支えられているということですね!(A.K.)