コラム


いつも笑顔で

よく食事にでかけるお店がいくつかあります。「よく=しばしば」なので、どちらかというと気軽で、お財布にもやさしい、という共通点がありますが、もうひとつ。それはスタッフがいつも笑顔でイキイキとしていることです。楽しんでいる、といった雰囲気がライブ感を醸し出し、お客様にも伝わって、さらにお客様を呼び込んでいる、好循環をつくりだしているのです。楽しむ、ということは仕事に対する集中力が高まるということですから、営業にもプラスになります。例えば「お奨め上手!」。お客様の様子をニコニコと、実によく観察してタイミングを逃しません。お客様に「すみませ~ん!!」を連発させることなく、頃合いをみはからって、さりげなく「次は白ワインでになさいますか?」と声をかけられると、ついつい、いい気分でオーダーを重ねます。メニューの説明も「これは自分の言葉で説明しているな」といった感じで、美味しさや熱意が伝わります。お客様の支持を集め、営業アップ、これぞ現場力。一人ひとりが自分の仕事にやりがいを見出している結果でしょう。やる気に火をつけることは簡単ではありません。組織をつくる結晶の一粒一粒が、違う一人の人間です。育てる側には集団と個、双方を見る目と、「一歩進んで二歩下がる」とにかく進み続ける、粘り強さも必要だと強く感じます。