コラム


おかしくなった言葉遣い

俳優の岸恵子さんがテレビ番組【トップランナーの肖像】で「言葉がおかしい。犯人や容疑者にていねいことば(正確には尊敬語であろう。敬語の中に尊敬語、謙譲語、丁寧語がある)で話している」と話していた。

事件を起こした人物や容疑者の情報を得ようと、マスコミがその知人や隣人たちに、容疑者の様子や人物像を尋ねると、彼ら知り合いは、容疑者を敬語づかいで表現するのがおかしいというのだ。これはしばしば散見されるし、違和感を覚える人は多いだろう。痛ましい事件を起こした犯人について「全然お会いしないんです」とコメントする近所の人。オレオレ詐欺集団のリーダー格について「・・・と話されていましたネ」と話す知人。話す相手や話題にしている対象者との間柄を瞬時に捉え、尊敬語と謙譲語に加え丁寧語(です・ます・ございます)を適宜に話さねばならない敬語は、普段から聞きなれ、使いなれている環境にないととっさには出てこないものだ。

時代が令和に変わり、皇室の動向を伝える報道が増えた。NHKをはじめ報道機関が”平易なことば”で皇室のニュースを伝えるようになって久しいが、危ない場面も散見される。あるワイドショーは、秋篠宮殿下の会見を採り上げ「父親としてどういう気持ちか話されるんじゃないか」「あえて(話は)しないんじゃないか」「自分の娘が振り回されているという思いがあったのではないか」などの物言いで、あたかも芸能ニュースのようであった。今どき「親王殿下」や「内親王さま」と、敬意を込めて美しく話すことができるのは、報道関係でもごく限られた人だけになっているように思う。
私が危機感を抱くのは、言葉の乱れや遣いかただけではない。言葉遣いや話し方に表れる、相手や周りに対するスタンスそのものが案じられる。一度、発してしまった言葉は引っこめようがない。相手の立場や人格を尊重し、敬意をもって発せられてこそ、伝わるというものだ。

言葉遣いや話し方は、人の関係が希薄になったと言われる今の世の中の課題を象徴するようでもある。美しいことば、敬語遣いは教養のバロメーターとされた時代は遠くなり、家庭や学校から学ぶことも少なくなった。その意味では、接客では多くの場合よく立場を弁えてお客さまに接しているはずで敬語が、習慣として生きている。せめて、ホスピタリティの現場では大切にしたいものだ。

H.N.